早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

初心者のためのツイッター講座1

読む

フォロー。ツイッターを始めたら、まず試しにツイートをひとつしたあと、だれかをフォローしてください。そのひとのツイートがあなたのホームに表示されます。フォローする数は、ひとまず50を上限としてください。それ以上フォローすると全員のツイートを読むのが難しくなります。

メンション。読むべきはフォローした人のツイートだけではありません。あなたに向けて送られたメンションを読むべきです。メンションを送った人は、あなたにメッセージが届いたと思っているはずですから。ツイッター右側コラムにある「ホーム」の下に、頭に@マークがついたあなたのアカウント名がありますから、そこを押してください。あなたに宛てられたツイートがそこにあります。

クライアント。初心者はツイッターを純正http://twitter.com/でまず始めるでしょう。しかし、これだけでは使いにくい。自分にあったクライアントを併用するとよい。わたしはHootSuiteを愛用しています。ストリームを10個まで表示できます。

リスト。フォローする人が増えすぎたり、特定のグループに注目したいときはリストを使います。自分が作ったリストのほかに他人が作ったリストも利用できます。HootSuiteのストリームにリストを指定すると一覧性に優れます。

誰かのツイートをじっくり読みたくなったらTwilogサービスを利用してください。私のはこれです。http://twilog.org/HayakawaYukio ツイートが日ごと月ごとに整理されています。特定の誰かに宛てたツイートだけを表示することもできます。もちろん検索もできます。

Togetterというサービスもあります。たとえばこれです。http://togetter.com/li/50991 特定の話題についてのツイートを一覧表示しています。複数のひとのツイートを一度に読むことができるので便利です。

書く

140字の制限があります。半角も全角もおなじようにひとつと数えられます。

短縮URL。URLはネット上のページのありかを示す住所です。ツイートの中にそのまま書くと、長いので140字がすぐ埋まってしまいます。これを避けるためにURLを短縮するサービスがあります。http://bit.ly/ http://ow.ly/などです。

リツイート。フォロワーに知らせたいツイートをみつけたら、リツイートします。公式と非公式があります。公式は、原発言者の名前でそのまま再発信されます。非公式は、あなたの名前で再発信されます。非公式はツイートに加筆編集することが可能です。私は初め非公式でしたが、いまは公式を使ってます。

ダイレクトメッセージ。あなたをフォローしている人にダイレクトメッセージを送ることができます。メールと同じようなものです。他人にのぞかれません。逆に言うと、ツイートはすべて他人に読まれます。読まれたくなければ、ツイートを非公開にしてください。(私は勧めません)

【“初心者のためのツイッター講座1”の続きを読む】

ツイッター始めました

前のページ

FC2Ad