早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

放射能の自然減衰2


さいたま市北区の18地点。単位はマイクロシーベルト毎時。2011年9月14日、2012年3月7日、10月24日の放射線量は似た傾向を示す。これは、半減期による減少で説明できる。つまりこの13か月間、地表付近の放射性物質はほとんど移動しなかったとみられる。

2012年10月24日、2か所のコケに放射線量の上昇が見られる。風塵が集積したのであろう。雨どいの測定ポイントは、駐車場のアスファルトがすっかり新しくなっていたことから想像するに、よく掃除されたとみられる。


saitama10242.png
13か月間で、27%の減少がみられる。半減期で期待される1ヵ月2%減とよく合う。

【“放射能の自然減衰2”の続きを読む】

放射能散歩19:郡山

放射能散歩18:福島市

福島市 8 September 2012




fuku39.png
福島市の9月8日放射線量は、半年前の3月16日の87%だった。

【“放射能散歩18:福島市”の続きを読む】

宮崎県高鍋町のセシウム測定


大きな地図で見る
宮崎県高鍋町。
芝生の上1メートルで0,052マイクロ。地表で0.053マイクロ。
雨どいで0.060、0.067、コケで0.074。
路傍の土(砂まじり)0.075マイクロを1.5キロ採取してよしおかさんに送った。

P1020253.jpg  P1020251.jpg
【“宮崎県高鍋町のセシウム測定”の続きを読む】

放射線量の時間変化



スウィートグラス・キャンプ場(群馬県長野原町北軽井沢)の南側43地点で、地上1メートルを測定。ホリバRadi PA-1000使用。2011年6月21日、10月25日、2012年1月26日(積雪あり)、4月20日、6月20日。セシウム134が半減期2年で減っていることでうまく説明できる。12か月で22%減っている。風雨によるセシウムの移動は無視できる。

放射能散歩17:東京湾岸

放射能散歩16:我孫子-柏の葉

我孫子-柏の葉



この地域は、地表と地上1mの値が有意に違う。地上1mは地表の7割から8割。
【“放射能散歩16:我孫子-柏の葉”の続きを読む】

放射能散歩15:鎌倉

鎌倉



鎌倉の放射能汚染は低いが、確実に汚染されている。
【“放射能散歩15:鎌倉”の続きを読む】

放射能散歩14:開成山公園(郡山)

放射能散歩13:江戸川区

前のページ 次のページ

FC2Ad