早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

「危険-安全」と「定量-定性」の2軸による人物分類

radioperson11.png

オリジナルファイルを公開します。パワーポイントファイルです。自由にダウンロードして、自分の人物分類をつくってください。つくったら見せてください。

南相馬のタンポポ


3年連続田植えしない南相馬の田んぼに咲き競う黄色いタンポポ。毎日新聞梅村直承さん撮影 【“南相馬のタンポポ”の続きを読む】

いわき市の学校給食に関する風評被害(2011年4月)

 iwaki2.png

2011年4月29日のことだが、いわき市が武田邦彦さんの言論に対抗して市長メッセージを出した事実を思い出したので、ここに保存記録しておく。風評被害のキーワードがタイトルに使われていることに注目だ。

いわき市長は、誤認に基づく文章だと決めつけているが、誤認はどこにも認められない。いわき市は学校給食に福島産の牛乳を出した。

牛乳につきましては、国や県の検査により安全性が確認された原乳を使用したものが 流通しているところですが、福島県産の原乳につきましても安全性が確認されたものが流通しているところであり、福島県内の学校へ牛乳を供給する事業者において、福島県産の原乳を使用することとなったところです。


学校給食に関する風評被害についての市長メッセージ(4月29日)
本市の学校給食及びメールでのお問い合わせに対する回答について(4月29日)
『がんばっぺ!いわき』風評被害を打ち破れ!キャンペーン(農産物編)について(4月5日)

自治体から武田邦彦さんへの攻撃は、同じ年の秋、一関市からもあった。

東京の放射能って、あぶないの?

コメント欄を使って議論をします。
議題は、いま東京で小さな子どもが生活するのは危険か。

参考資料
家族分割避難の線引き(2012年8月18日まとめ)

あまり知られてないが重要な事実

・原子炉の圧力解放操作(ベント)のたびに放射性物質が外に出た。
・放射性物質が中通りに来ることを福島県は事前に知っていたし、いつどこにどれだけ来たかをすみやかに把握してた。

放射能汚染の理由

2011年3月の放射能汚染は人為操作の結果だったと伝えるNHKニュース。

炉圧下げるたび 放射性物質外に
NHKニュース 2012年7月24日 19時7分

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、最も多くの放射性物質を放出したとみられる2号機について、専門家が、当時の事故対応の記録と周辺の放射線量を検証した結果、大量放出が起きたとみられる前日の夜から、原子炉を守るため圧力を下げる作業を行うたびに、外部にまとまった量の放射性物質が放出していた可能性が高いことが分かりました。
専門家は、「原子炉を守る作業の結果、放射性物質が漏れた可能性があることは問題で、状況を詳しく解明すべきだ」と話しています。

福島第一原発の事故では、事故から4日後の去年3月15日に、2号機から今回の事故で最も多くの放射性物質を放出したとみられていますが、詳しい状況は分かっていません。
2号機からの放出について、東京大学の門信一郎准教授や日本原子力研究開発機構の茅野政道部門長らのグループが、当時の事故対応の記録と周辺の放射線量を詳しく検証しました。
2号機では、大量放出が起きたとみられる前日14日の夜から当日の未明にかけて、原子炉に水を入れて冷やすために「SR弁」と呼ばれる弁を開けて原子炉の圧力を下げる作業を繰り返し行っていました。
2号機では、このときすでにメルトダウンが起きていて、SR弁を開くと原子炉の中の放射性物質を含む蒸気は、格納容器の一部に逃げるため、格納容器の中には放射性物質が充満していたとみられています。
一方で、福島第一原発から南に10キロ余り離れた福島第二原発では、14日の午後10時以降から5時間ほどの間に、放射線量が3回、急激に上昇し、いずれもSR弁を開く作業を行ったおよそ1時間後であることが分かりました。
このため、グループは、2号機の原子炉の圧力を下げる作業を行うたびに、まとまった量の放射性物質が格納容器の損傷した部分から漏れ出して放出され、当時の南向きの風で福島第二原発の方向に流れた可能性が高いとみています。
また、その放出量は、シミュレーションの結果、1号機の水素爆発などそれまでに比べて10倍から20倍ほど多く、放射性物質は、15日の午前中に関東地方に流れたとみられるということです。
日本原子力研究開発機構の茅野政道部門長は「原子炉を守る作業の結果、放射性物質が漏れた可能性があることは問題で、状況を詳しく解明すべきだ」と話しています。
専門家の指摘について東京電力の松本純一本部長代理は、「専門家の指摘は把握していないが、当時はSR弁を開けなければ原子炉などが壊れ、大量の放射性物質が漏れる可能性があり、放出を抑えるためにSR弁を開けるたのはぎりぎりの選択だった。今後、放射性物質の漏えいの経緯についてはしっかり検証していきたい」と話しています。

永田町金曜デモタイムライン

○8月24日 (主催者発表4万人)
 8月22日 野田首相と面談30分。
 8月20日 オリンピック銀座パレード50万人(主催者発表)
○8月17日
○8月10日 (主催者発表9万人、警察情報4000人)
       野田首相との面会延期
○8月03日 
 7月29日 国会包囲
○7月27日 反原発連合主催せず
 7月26日1930 NHKクローズアップ現代
○7月20日 雨の合間、鳩山由紀夫、白い風船、まとめ
 7月16日 代々木公園デモ、7万人(主催者発表17万人)、まとめ
○7月13日 警察が地下鉄駅出口コントロール、チバレイレポート、2200ANN報道ステーション
○7月06日 ヒマナイヌ川井ホテル客室タイムラップス
 7月01日 おおい原発再稼働
○6月29日 2万5000人(主催者発表20万人)、ヘリ空撮、予定15分前に突然終了。まとめ1まとめ2
○6月22日 1万4000人(主催者発表4万5000人、警察発表1万1000人)、ヒマナイヌ川井タクシー動画、2200ANN報道ステーションで初めて放送。
○6月15日 3000人(主催者発表1万2000人) 【“永田町金曜デモタイムライン”の続きを読む】

2011年3月放射能禍、個人対応の記録

東京都内にひとりで住んでいた大学生の息子に宛てたメールを公開します。

Sat, 12 Mar 2011 09:12:42 +0900
きょうは家から遠出しないこと。
交通は大混乱。
原発から大規模な放射能漏れがあるかもしれない。
福島原発までの距離は200キロ。


Sat, 12 Mar 2011 17:32:59 +0900
原発が爆発して放射能が外に出た。注意しろ。

Sat, 12 Mar 2011 18:35:06 +0900
イソジンをコップ一杯の水に3滴入れて飲む。チェルノブイリで甲状腺ガンが多
発していたのを踏まえ、甲状腺を保護するための備え。それを3日間。イソジン
コップ一杯飲むと甲状腺異常起こすので、してはいけない。

Sat, 12 Mar 2011 18:37:05 +0900
放射線を浴びる段階はすぎた。放射性物質が大気に注入された。もっぱら風で運
ばれるから、風向きに注意。いま上空は西風。下層は南風。福島原発から前橋ま
で210キロ。東京まで250キロ。風下側だから、必要以上に心配することはない。

【“2011年3月放射能禍、個人対応の記録”の続きを読む】

放射能のリスク認知とツイッターコミュニケーション(実例)

おおい原発タイムライン

6月30日(土)
1600 若者ら100人が車で道路封鎖(朝日新聞)

7月1日(日)
2100 牧野経済産業副大臣と時岡忍町長の立ち会いの下、制御棒を引き抜き始め、原子炉を起動させる予定(NHK)

7月2日(月)
0600 臨界予定

goooi3.jpg
警察のピケ(赤)、若者たちの自動車バリケード(青)
【“おおい原発タイムライン”の続きを読む】
前のページ 次のページ

FC2Ad