FC2ブログ

早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

モンプレーの溶岩ドームは榛名二ツ岳とよく似ている

西インド諸島マルチニーク島へ9日間行っていました。

2月5日にモンプレーの山頂に立ちました。強風と霧の中の登山でしたが、ときおり青空がみえて、カリブ海まで見渡せました。

溶岩ドームとそれを取り囲む「カルデラ」は、榛名山の二ツ岳とオンマ谷にそっくりでした。二ツ岳にはピークが三つありますが、モンプレー山頂にも三つのピークがあります。北側の二つが1902年溶岩ドーム、南側のひとつが1929年溶岩ドームです。1397メートルの山頂は1929年ドームがつくっています。

セントへレンズも1980年代に溶岩ドームをつくっていったん静かになったあと、2004年10月から再び溶岩ドームをつくりました。二ツ岳も古墳時代の噴火は20~30年の時間を経て二回あったことがわかっています。デイサイトの溶岩ドームをつくる噴火は、25年くらいの時間差で二回連続することがむしろ普通なのかもしれません。

モンプレーの溶岩ドームは、雲仙岳に1991年に新しくできた溶岩ドームともそっくりでした。1902年5月8日のサンピエールの悲劇と同一視されたくないとして広報を控えた当時(1991年5月末)の行政判断の誤りが悔やまれます。まったくの同一物だったのですから。

IMGP2910s.jpg IMGP2977s.jpg

(左)モンプレーとサンピエールの町並み。1902年の噴火時に2万8000人が住んでいたサンピエールの人口は、いま5000人だという。政治経済の中心地は、南部のフォートデフランスとラメンティンに移ってしまった。マルチニーク島全体の人口は40万人。伊豆大島よりずっと大きくて都会だ。日本で言えば、淡路島か佐渡島といった感じか。(右)1902年5月8日の熱雲によって、モンプレーに面した石積みの壁はことごとく破壊された。

IMGP2916s.jpg IMGP2925s.jpg
この牢獄にいたひとりの男が、大やけどをしながらも、助かったという有名なエピソードがある。実は、靴屋も助かって、生存者は2名だったということになっている。牢獄は、石積みの壁によって熱雲から守られた。

二人のBob Smith

イエローストーン湖の群発地震のニュースでしばしば出てくるUtah大学のBob Smith教授は、Bob "Ashflow" Smithとは別人だそうだ。Bob Smith教授はゼネラルな地球物理学者で、Bob "Ashflow" Smithは故人だという。

モンセラ島の壊滅的打撃と雲仙の幸運

西インド諸島のイギリス領モンセラ島 (Montserrat) で溶岩ドームの上昇とともに熱雲が発生して海岸の町に深刻な被害が出ていることは、1995年の噴火開始から知っていました。火山の名前は巣不利エールヒルズです。ナショナル・ジオグラフィックが1996年に放送した海面上を前進する熱雲の動画を、毎年の授業で学生に見せています。

深刻な被害が発生しているだろうことは想像していましたが、被害の内容を具体的には知りませんでした。最近になって、溶岩ドームから4キロしか離れていないところに島の中心であるプリムス (Plymouth) の町があって、それが文字通り壊滅したことを知りました。噴火前のプリムスの人口は4000人ほどでした。一週間前にもまた熱雲が発生して、海岸まで達する途中でプリムスの町に火災を引き起こしたそうです。プリムスにまだ燃えるものが残っていたのかと驚く声を聞きました。

montserrat.jpg
グーグルマップでみたスフリエールヒルズ火山と、完全に破壊されたプリムスの町。

1991年6月3日、雲仙岳の熱雲に43人が飲み込まれて犠牲になりましたが、雲仙岳の場合は熱雲によるそれ以上の破壊はほとんど起こりませんでした。モンセラの事例と比べると、水無川沿いに熱雲が海まで壊滅してもおかしくない地理条件でした。そうならなかったのは、不幸中の幸いと言うしかありません。また、モンセラ島の噴火はもう13年を超えました。まだ続いています。雲仙岳の深刻な噴火は5年ほどで終了しました。これも、幸いにも短かったというべきでしょう。

unzen.jpg
グーグルマップでみた雲仙岳と島原市・深江町。

チリのChaiten火山から噴煙16キロ

噴火した火山の名前はChaiten(チャイテン)。南緯42.8度。直径3.5キロの円形凹地をなすカルデラ火山。カルデラ縁の最高点は1122メートル。9400年前に噴火したことがある。5月2日朝(現地時間)、突然噴火した。噴煙は16キロまで上昇した。この噴煙は(世界時)7時から13時まで6時間維持された。火山から10キロ離れた海岸にある町Chaitenの人口は3000人。カルデラからの排水路に立地しているので、火砕流災害はもちろん泥流災害も心配だ。

スミソニアン火山カタログ


大きな地図で見る

【“チリのChaiten火山から噴煙16キロ”の続きを読む】

Sheveluch火山できのこ噴煙

カムチャツカのSheveluch火山できのう29日、溶岩ドームが爆発的に崩落して高さ10キロに達する噴煙を上げました。きのこの形をした見事な噴煙の写真がアラスカ火山観測所のページにあります。

フォーピークト火山(アラスカ)が噴火

全山氷河に覆われたアラスカのFourpeaked火山が9月17日から噴火しています。二本の噴煙が上がったのが薄気味悪い。アンカレッジから330キロ離れています。この火山の過去の噴火については、文字にも地層にも記録がありません。アラスカ火山観測所は、この火山は1万年以上噴火したことがなかったようだと20日のInformation Releaseで書いています。

アラスカ火山観測所のページ

インドネシア・ムラピ火山の14日熱雲で死んだ二人

インドネシア、ジャワ島のムラピ火山(Merapi, 日本語ではメラピと書くこともあるが、現地の発音に忠実に表記するとムラピ)で14日昼に発生したプレー式熱雲は、山頂から7キロまで到達した。これによって男性二人が死亡した。じゃかるた新聞が日本語でこの事故を詳しく伝えている。

二人は、熱雲から逃げられないと判断してシェルターに避難した。しかし熱雲が残した高温の堆積物にシェルターが厚く覆われたため、熱死したという。16日朝、死亡が確認された。

報道によると、シェルターに入る直前、さらには入ってからも(?)携帯電話による連絡が彼らからあったという。シェルターに入らずに、そのまま逃げていれば助かっただろうという見方もある。

限られた情報にしか私は接していないが、いくつか思うことがある。

シェルターがなぜ埋まってしまったのか。溶岩ドームから発生するプレー式熱雲の場合、谷沿いは崩壊した溶岩ドームの破片が流れ下る。そういった場所にシェルターを建設すれば、高温の土石に厚く埋め立てられてしまうことは容易に予測できる。シェルターを設置した位置に問題はなかったか。崩壊土石に覆われない高台に設置しておけば、高温の熱風に短時間さらされることはあるが、そこに残される堆積物は厚さ数センチの砂だ。埋まることはない。しばらくの時間をおけば、シェルターから自力で脱出することが可能だ。

もうひとつ。翌日から救助隊が入ってシェルターを掘り出したという。熱雲が再び発生する危険はなかったのか。雲仙岳1991年でも、6月3日の翌日自衛隊が遺体回収に北上木場に入ったが、それは決死の覚悟だったと聞く。ムラピの場合、報道写真をみるかぎり、熱雲が再び発生する危険を軽く見ているようで、気になる。国民性の違いがなせるわざなのだろうか。
前のページ

FC2Ad